理学療法士になるためには専門学校に通って資格習得が必要になる

リハビリのプロとして働く

カウンセリング

自分に合った学校選びを

理学療法士はリハビリテーションに関連した国家資格の1つで、運動療法を軸にして物理療法、動作訓練などを組み合わせ、立つ・歩く・寝返りを打つといった基本動作に係る身体機能の回復を図るのが主な仕事です。理学療法士の資格を得るには、国が指定した養成学校で必要な知識や技能を身につけたうえで、国家試験に合格する必要があります。理学療法士の養成学校は、2016年現在で全国に約250校あります。受験資格を得るために必要な基本科目はどの学校も共通していますが、カリキュラムには学校ごとの特色があります。理学療法士になるための学校を選ぶ際のポイントとしては、まず修業年限の違いがあります。養成学校には大きく分けて4年制の大学及び専門学校と、3年制の短大及び専門学校の2種類があります。3年制の方が期間が短い分学課のスケジュールがきつめになりますが、その代わり実社会に早く出ることができます。4年制の方は比較的じっくりと学習に取り組むことができ、より深い研究に打ち込んだりすることも可能です。専門学校の中には、作業療法など隣接分野について学べるところもあります。なお、4年制専門学校には昼間部と夜間部の2種類があり、他の仕事をしながら資格取得を目指す人に向いています。また、就職実績も学校選定の重要なポイントとなります。理学療法士の就職先は病院やリハビリセンターなどの医療関連が中心ですが、介護関連施設、児童養護施設などで働いている人も少なくありません。最近ではスポーツトレーナーとして活躍している人もいます。自分の進みたい道を考え、それに見合った就職実績を持つ学校を選ぶようにします。

進路選択において

勉強道具

職の心配を軽減して安定的な生活を送る上で、理学療法士は良い職種です。理学療法士になるためには、専門学校に進学すると良いでしょう。専門学校選びには、資格取得のための合格率や就職実績も参考にすると良いです。

一生役に立つ国家資格

施術

人気がある学校に理学療法士の専門学校があります。理学療法士は医療機関や介護施設でリハビリテーションを提供する仕事であり、厚生労働省が認定を行なう国家資格です。超高齢社会に必要な資格であり、就職がしやすくやりがいがある仕事であることから、多くの人が理学療法士の専門学校を利用しています。

身体機能を回復させる

治療

身体回復機能などのリハビリを行ってくれる理学療法士は、多くの人から必要とされる職業です。まずは理学療法士養成の専門学校において、数年かけて知識や技術を取得します。国家資格試験を受けて見事に合格すれば、沢山の事を救う事が出来るでしょう。